カテゴリ:「韓国併合」100年市民NW( 3 )

光を扉へひらく封印された悲しみを解くために ピアノコンサート

c0224369_15573875.jpg

「光を扉へひらく 封印された悲しみを解くために」2.28
チェ・ソンエさんピアノコンサートは250人のキャパシティの会場で一ヶ月前に
チケット完売、赤旗日曜版、週刊金曜日の掲載記事で問合せの方々の鑑賞希望を断らざるを得なかったという状況のもと開催されました。
 
 韓国強制併合100年を迎えた今年の関東の独自の企画として、文化的な面からも幅広く、
わたしたちの市民運動を広げて行く方向の中で、写真の置き展示による日本の侵略の歴史、
チェソンエさん自身の企画した光州抗争、富山妙子作品、キムジハなどの表現者たちとの協同した内容、そして自身の父の運動も含め、指紋押捺拒否の闘いの歴史が映像としてまた舞台において富山妙子さんの作品、「自由光州」のインスタレーションも展示で表現され、高橋悠治作品、ショパンの曲と共に演奏されて行きました。
 
 直接的に解放後・「戦後」の在日韓国、朝鮮人が受けた人権侵害
を来場者が学べる環境が設定できたと思います。


c0224369_15542094.jpg


c0224369_1605238.jpg



c0224369_162447.jpg

c0224369_1641533.jpg

c0224369_1645724.jpg

c0224369_1653068.jpg


 第2部は主催者である、私たち日韓市民ネット関東の進行
で、事務局スタッフからのスピーチ、会場からの発言を得るという内容でした。
 口火をきってもらった『世界』誌編集長の岡本さんの発言は、や
はり「朝鮮学校の生徒を高校授業料無償化の対象から除外する」という方向に傾いた鳩山へ
の怒りと抗議であり、続けての会場からの発言も、朝鮮学校に学び、また子どもたちも学
ばせている参加者の体験から不当な中井発言への批判が続きました。

 一連の会場発言を受け、事務局から急遽、緊急行動の提案とし
て、「除外反対」要請文を日韓市民ネット関東として作成をすることにしました。

c0224369_168860.jpg


c0224369_1683881.jpg

[PR]
by 1911124 | 2010-03-01 15:54 | 「韓国併合」100年市民NW

「韓国併合」100年写真・図版展、展示目録

写真展は「韓国併合」100年市民ネットワークが企画・制作、現在会員・会員外への貸出し要項を検討中。
画像協力:韓国独立記念館  韓国民族問題研究所  在日韓人歴史資料館 個人
<当ブログは個人ブログですが参加している「韓国併合」100年市民ネットワークの活動を紹介しています>
http://www.nikkan100.net/shimin.html
「韓国併合」100年市民ネットワーク・公式サイト

これから観ることができる展示会。
2009年11月20日(金)13:00-17:00 21日(土)10:00-17:00
22日(日)10:00-14:30  23日(月)10:00-12:30 無料。
「韓国併合」100年写真展in京都大学 京都大学11月祭「同時企画:加害の歴史を問う」
主催:社会問題を考えるサークルピース☆ナビ 共催:アジェンダ・プロジェクト京都
場所:京都大学吉田南総合館南棟11教室(市バス京大正門前下車徒歩3分) 
①「韓国併合100年の写真展」(「韓国併合」100年市民ネットワーク製作)
②「パネル展示:731部隊-日本軍細菌戦部隊の実態」(731・細菌戦裁判キャンペーン委員会製作)①と②を同時に展示します。

2009年11月21日土曜13:40 スペースの都合で机上部分展示になります
「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東主催講座参加費500円
『韓国併合の真実-日韓の100年を問い直す』講師・姜徳相 (カン・ドクサン)さん
第三回11月21日(土)午後1:30開場 14:00講演開始~17:00「解放後」「戦後」
会場・岐部ホール404 四谷駅徒歩2分  

目録のあいだの画像は2009年10月25日の大阪におけるワン・コリアフェスティバルでの部分展示。A3判の写真・図版とA4判のキャプションをラミネート加工しています。

「100年写真展」目録(09・10・25現在)
1.江華島条約1(雲揚艦が江華島を襲撃、1875年)
2.江華島条約2(条約文、1876年)
3.東学農民戦争(1894年) 1-東学党しょうけつ図、2-全琫準。
4.日清戦争1(仁川沖の日本軍艦)
5.日清戦争2(仁川に上陸する日本軍)
6.日清戦争3(1-大鳥公使談判図 2-平壌城戦闘)
7.明成皇后殺害(1895年)(1-皇后肖像  2-殺害された景福宮玉壺楼)
8.帝国の対韓方針
9.第2次日韓協約1(1905年、新聞挿絵)
10.第2次日韓協約2(協約無効を訴える高宗の親書)
11.ハーグ密使事件(3密使、1907年)
12.高宗退位(退位の日)
13.伊藤博文(1841年-1909年)と千円札
14.福澤諭吉(1835年-1901年)と1万円札
15.義兵闘争1(初期義兵)
a0129257_20261962.jpg

16.義兵闘争2(後期義兵)
17.安重根1(義挙直後の安)
a0129257_2026063.jpg

18.安重根2(旅順監獄で撮った写真)
19.安重根3(義挙を讃える漢詩、血書の韓国国旗)
20.韓国併合(景福宮勤政殿に日章旗) 
21.韓国併合条約全文1
22.韓国併合条約全文2
23.「併合記念画報」(大阪新報)
24.「日韓併合紀念絵葉書」(1910年8月)
25.「併合記念朝鮮双六」(京都日出新聞)
26.統治機構1(併合当時の朝鮮総督府庁舎)
27.統治機構2(後の総督府庁舎)
28.統治機構3(憲兵隊司令部+警務総監部)
29.統治機構4(逮捕された人々)
30.統治機構5(京城監獄=西大門刑務所)
31.搾取機構1(東洋拓殖会社)
32.搾取機構2(東拓の移住民募集)
33.イデオロギー機構1(朝鮮神宮階段)
34.イデオロギー機構2(朝鮮神宮神官)
35.「朝鮮銀行券と日本銀行券」
36.2.8独立宣言1(1919年)
a0129257_2027919.jpg

37.2・8独立宣言2(独立宣言書) 
38.3.1運動1(1-高宗の葬儀行列、2-徳寿宮大漢門前)
39.3.1運動2(徳寿宮前の群衆)
40.3.1運動3(1-光化門通り碑閣前の群衆、2-蜂起図)
41.3.1運動4(独立宣言書)
42.3.1運動5(柳寛順、1902-1920)
43.3.1運動6(虐殺)
44.3.1運動7(朝日記事)
a0129257_20265854.jpg

45.武装闘争1(北路軍政署の隊員たち)
46.武装闘争2(新聞記事-青山里大勝)
47.武装闘争3(間島惨変)
48.関東大虐殺1(河目悌二が描いた『朝鮮人虐殺の図』」
49.関東大虐殺2(壺井繁治の詩「十五円五十銭」)
50.労働運動1(元山労働者のゼネスト)
51.労働運動2(1928年のメーデー、中之島公園での朝鮮人のデモ行進)
52.日章旗末梢事件1(ベルリンオリンピックで優勝)
53.日章旗抹消事件2
54.義烈闘争1(金九と尹奉吉)
a0129257_20264662.jpg

55.義烈闘争2(尹奉吉の上海義挙)
a0129257_20263367.jpg

56.戦時下の苦痛1(米の供出)
57.戦時下の苦痛2(金属類供出)
58.戦時下の苦痛3 (1―人の供出-「強制連行図」 2―被徴用者教育)
59.戦時下の苦痛4(朝鮮総督府の手紙)
60.戦時下の苦痛5(虐待された徴用労働者)
61.戦時下の苦痛6(松代大本営地下壕)
62.戦時下の苦痛7-1(人の供出-徴兵制度実施感謝参拝)
62.戦時下の苦痛7-2(徴兵制実施感謝大会)
63.戦時下の苦痛8(人の供出-「慰安婦」金順徳作「連れて行かれる」)
64.戦時下の苦痛9(「慰安婦」移動中のトラックの中)
65.戦時下の苦痛10(「慰安婦」ビルマ戦線で連合軍によって発見)
66.戦時下の苦痛11(サプサリの受難3枚)
67.戦時下の苦痛12(日本語使用強制ポスター)
68.戦時下の苦痛13(獄死した詩人尹東柱)
69.戦時下の苦痛14 1―東方遥拝強制 2―朝鮮神宮に参拝
70.解放の感激1(総督府から降ろされる日章旗)
71.解放の感激2(鐘路通り)
72.解放の感激3(市民行列)
73.解放の感激4(大韓民国臨時政府)
74.解放の感激5(1-出獄  2-大阪西成の朝鮮人)
75.祖国分断1(ヤルタでの3首脳と38度線)
76.祖国分断2(韓国成立と金日成歓迎平壌群衆大会)
77.在日のルーツ1(大阪商船航路図、下関港に上陸した朝鮮人たち)
78.在日のルーツ2「済州島―大阪間の定期船『君が代丸』」
79.外国人登録令と吉田書簡
80.李寛得氏の外国人登録証と協和会手帳
81.BC級戦犯問題
82.阪神教育闘争1
83.阪神教育闘争2(兵庫県庁に座り込む朝鮮人たち)
84.在日の暮らし1(福岡・博多の水上バラック、1957年)
85.在日の暮らし2
86.北帰行(「帰国事業」)
87. 日韓基本条約
88. 金嬉老事件
89.就職差別1(日立就職差別)
90.就職差別2(司法修習生採用決定)
91.指紋押捺問題1(指紋押捺を拒否した韓宋碩氏)
92. 指紋押捺問題2(新聞記事)
93.指紋押捺問題3(金文善氏)
94.日朝平壌宣言
95.勝海舟(1823年-1899年)
96.内村鑑三(1861年-1930年)
97.幸徳秋水(1871年-1911年)
98.布施辰治(1880年-1953年)
99.石川啄木(1886年~1912年)
100.中西伊之助(1887年-1958年)
101.柳宗悦(1889年-1961年)
102.中野重治(1902年-1979年)
103.金子文子(1903年-1926年)
104.槇村浩(1912年-1938年)
105.高知県幡多地域の高校生たち

追補写真 栗須七郎<水平学舎と朝鮮人。水平宣言と衡平社(『正進』チョンジン)、無産大衆党から立候補した栗須七郎の選挙看板。「立看板総計二十枚のうち十枚だけが朝鮮文字 で、第二区には朝鮮人有権者約三千人あり、演説会に聴きに来るものも 多数ある…」朝日新聞は報じる。

2009年10月31日東京における『韓国併合の真実−日韓の100年を問い直す』講座での「展示」
c0224369_911136.jpg

大きめの長机四台にまず並べました。
c0224369_9111313.jpg

スペースがなかったのでピアノの上に平積みをしました。
講座の途中で長机展示と入れ替えもしました。

c0224369_912105.jpg

 講演終了後4時45分ころでも熱心に見入る参加者



執筆・編著書籍紹介ブログ


リンク「山の本」ブログ


『アナキズム運動人名事典』データサイト


『トスキナア』誌 皓星社ウェブサイト
[PR]
by 1911124 | 2009-11-11 05:45 | 「韓国併合」100年市民NW

「韓国併合」の真実-日韓の100年を問い直す、講座+写真・図版展示

当ブログは個人ブログですが参加をしている「韓国併合」100年市民ネットの企画を随時報告します。
「韓国併合」100年市民ネットワーク・公式サイト
http://www.nikkan100.net/shimin.html

c0224369_911136.jpg

大きめの長机四台にまず並べました。
c0224369_9111313.jpg

ピアノの上には積み重ねておきました。
c0224369_9113419.jpg

 講座呼びかけ文
 来年2010年は、いわゆる「韓国併合」100年に当たります。「併合」=植民地化に
ついて、「村山談話」(1995年)、「日韓共同宣言」(1998年)では、「多大の損
害と苦痛を与えた」と反省と謝罪の意を表明しました。 他方では、「併合は朝鮮の近
代化を進めた」「良い植民 地支配であった」などという言説がまかり通っています。
 これが日韓関係に陰を落とし、日朝関係の正常化を阻んでいます。 こんな歴史認識
の隔たりと過去清算の未了を放置したままで 「韓国併合」100年を迎えては「未来志
向の日韓関係」などユメモノガタリでしかありません。                
 こんな状況を変えていくため、 市民ネットワークは運動を進め学習を重ねていき3月21日の企画に続き7月20日、10月31日、姜徳相 (カン・ドクサン)先生を講師にお招きし、『韓国併合の真実−日韓の100年を問い直す』のテーマで講演をしていただきました。
 次回は11月21日土曜午後2時講演開始です。

みなさまのご参加をお待ちしています。 


c0224369_9114581.jpg

c0224369_912144.jpg

 カン・ドクサンさんの講演は休みなし二時間半に及び「戦前篇」
は完結しないまま、次回11月21日の三回目最終講座は「戦後篇」にすると
いうことになりました。

 講演の内容は第一回の部分に触れたり時代も前後したのですが、大まか、閔妃殺害
事件から関東大震災にわたりました。
 写真展示もほぼ合わせました。
c0224369_912105.jpg

 講演終了後4時45分ころでも熱心に見入る参加者

 大型の細長机が部屋には四台を利用。
 講演開始前は江華島から20数番まで並べ、他はグランドピアノの上に平積みを数箇所。

 講演の途中でメインの話の部分と入れ替え、終了後に再び鑑賞。

 歴史の講座が目的で来た皆さんなので、当然かもしれませんが、開始前、
開始後と熱心に見続けていました。

 講演開始前 1時15分くらいから2時まで展示。
 講座中に内容と合わせ平積みと横並びを入れ替えました。
 終了後 4時40分から4時55分まで展示。

 関東で「写真展」のための会場に関しての情報を求めます。
 「なるべく費用がかからない」という「都合のよい」条件が
 前提ですが、協力をいただけるスペースを運営している方、
 そのような場所を知っている方、ぜひ連絡をください。
 
  全写真・図版とキャプションの展示が原則ですが、かなり
 大きなスペースを必要とします。
  三十枚程度の展示、他は平積みという変則でも、場所提供の
 情報があればお寄せください。

また会員・会員外の自主開催を対象に「韓国併合」100年市民ネット・
 事務局で「写真展のための貸し出し」ルールを現在、検討中です。
 関東での問合せは futei@jcom.home.ne.jp まで。

 韓国「聯合通信」日本語版サイトでの10月10日京都、写真展の紹介
 HTTP://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2009/10/21/0400000000AJP20091021001800882.HTML

 ブログ内リンク
 
 大阪・ワンコリアフェスティバルでの写真展

 
[PR]
by 1911124 | 2009-10-31 09:07 | 「韓国併合」100年市民NW