「韓国併合」の真実-日韓の100年を問い直す、講座+写真・図版展示

当ブログは個人ブログですが参加をしている「韓国併合」100年市民ネットの企画を随時報告します。
「韓国併合」100年市民ネットワーク・公式サイト
http://www.nikkan100.net/shimin.html

c0224369_911136.jpg

大きめの長机四台にまず並べました。
c0224369_9111313.jpg

ピアノの上には積み重ねておきました。
c0224369_9113419.jpg

 講座呼びかけ文
 来年2010年は、いわゆる「韓国併合」100年に当たります。「併合」=植民地化に
ついて、「村山談話」(1995年)、「日韓共同宣言」(1998年)では、「多大の損
害と苦痛を与えた」と反省と謝罪の意を表明しました。 他方では、「併合は朝鮮の近
代化を進めた」「良い植民 地支配であった」などという言説がまかり通っています。
 これが日韓関係に陰を落とし、日朝関係の正常化を阻んでいます。 こんな歴史認識
の隔たりと過去清算の未了を放置したままで 「韓国併合」100年を迎えては「未来志
向の日韓関係」などユメモノガタリでしかありません。                
 こんな状況を変えていくため、 市民ネットワークは運動を進め学習を重ねていき3月21日の企画に続き7月20日、10月31日、姜徳相 (カン・ドクサン)先生を講師にお招きし、『韓国併合の真実−日韓の100年を問い直す』のテーマで講演をしていただきました。
 次回は11月21日土曜午後2時講演開始です。

みなさまのご参加をお待ちしています。 


c0224369_9114581.jpg

c0224369_912144.jpg

 カン・ドクサンさんの講演は休みなし二時間半に及び「戦前篇」
は完結しないまま、次回11月21日の三回目最終講座は「戦後篇」にすると
いうことになりました。

 講演の内容は第一回の部分に触れたり時代も前後したのですが、大まか、閔妃殺害
事件から関東大震災にわたりました。
 写真展示もほぼ合わせました。
c0224369_912105.jpg

 講演終了後4時45分ころでも熱心に見入る参加者

 大型の細長机が部屋には四台を利用。
 講演開始前は江華島から20数番まで並べ、他はグランドピアノの上に平積みを数箇所。

 講演の途中でメインの話の部分と入れ替え、終了後に再び鑑賞。

 歴史の講座が目的で来た皆さんなので、当然かもしれませんが、開始前、
開始後と熱心に見続けていました。

 講演開始前 1時15分くらいから2時まで展示。
 講座中に内容と合わせ平積みと横並びを入れ替えました。
 終了後 4時40分から4時55分まで展示。

 関東で「写真展」のための会場に関しての情報を求めます。
 「なるべく費用がかからない」という「都合のよい」条件が
 前提ですが、協力をいただけるスペースを運営している方、
 そのような場所を知っている方、ぜひ連絡をください。
 
  全写真・図版とキャプションの展示が原則ですが、かなり
 大きなスペースを必要とします。
  三十枚程度の展示、他は平積みという変則でも、場所提供の
 情報があればお寄せください。

また会員・会員外の自主開催を対象に「韓国併合」100年市民ネット・
 事務局で「写真展のための貸し出し」ルールを現在、検討中です。
 関東での問合せは futei@jcom.home.ne.jp まで。

 韓国「聯合通信」日本語版サイトでの10月10日京都、写真展の紹介
 HTTP://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2009/10/21/0400000000AJP20091021001800882.HTML

 ブログ内リンク
 
 大阪・ワンコリアフェスティバルでの写真展

 
[PR]
by 1911124 | 2009-10-31 09:07 | 「韓国併合」100年市民NW
<< 「韓国併合」100年写真・図版... 閔妃殺害事件、三浦梧桜に殺害を... >>